診療案内

乳歯矯正(歯列育形成)

矯正歯科

乳歯矯正(歯列育形成)

インプラント・矯正・審美歯科のご相談は随時受け付けております。

当院は12歳の永久歯列完成時に虫歯のない歯並びを目標としております

虫歯予防だけでは意味がありません。
今は、「完全な咬み合わせの時代」となりました。

古い矯正の固定観念からみると、小さな子供にプレートを入れるなんてかわいそう、というように感じる方もおられると思います。しかしこれはまったく反対なのです。年齢が低いほどプレートに慣れて、プレートを入れるのに抵抗を感じません。プレートを入れている子はみんな、得意になっています。

将来、かならずカッコイイ子、きれいな子になるためのものだからです。低年齢の子供でもそれなりに目的意識を持ちます。目的があれば、歯並びに限らず、生活習慣の中に「努力すること」を会得します。
当医院は、埼玉県下で25機関ある「歯列育形成(乳歯矯正)」の指定医療機関です。歯が生え始めた頃から、永久歯に生え揃うまでの期間、通常 月に1回の調整と、虫歯予防処置、虫歯予防指導、フッ素塗布等と併用しながら、きれいで虫歯のない歯並びへと育成します。

Q. 歯列育形成って何?どんなことをするの?

A. 乳歯が生えている頃、または永久歯が生え揃う前に歯並びを継続的に管理し、最初からよい歯並びに成長を利用し育成するというものです。
おもにプレートと呼ばれる器具を夜間やきめられた時間、お口の中に入れるという簡単な治療によって、理想的な咬み合わせが実現します。
年齢が低い子供は、プレートをいやがらないかと心配される方もいらっしゃいますが、その心配はまったくありません。
2~3歳位の子の場合は、はじめにスタッフが楽しく練習します。

Q. どうして低い年齢からやったほうがいいのでしょうか?

A. アゴのズレは低年齢の時は、容易に治すことができます。
それは骨がやわらかく、成長発育の途中だからです。
年齢が高くなるに従い、ズレをなおすのが難しくなってきます。

Q. 後戻りはしないのですか?

A. 低年齢の成長発育の期間中に、アゴのズレや骨を良い形にして一定期間たつと、後戻りが少ないことがわかってきました。その状態からまた発育が始まるからです。
そしてよい機能的変化が与えられるので、顔の下半分が美しくなる条件がそなえてきます。つまり継続的管理によって後戻りの心配はまったくありません。

いわき歯科医院での実際の治療例(治療中)

メールのお問い合わせ

求人募集

ブログ

最新記事

【2016/09/21】先週は、名古屋で開催された、日本口腔インプラント学会に当院の衛生士3名と参加してきました。
三重県出身で名古屋はなじみがあるのですが、上京して30数年、通過するばかりで、下

【2014/12/5】師走ですね。
もう12月ですね。年々 月日の経つのが早まります。私も53歳となっております。

【2013/09/30】JAIDの学術大会が開催されました。
2013年9月29日 東京国際フォーラムにおきまして、私が会長を務めさせていただ

ブログ

最新記事

【2017/10/14】ほるほる
こんにちは、技工士の大橋です 最近、気温が高かったり低かったりで体調が良くありま

【2017/09/14】DAの貫井です。
前回は 確か熱中症のお話でした。  今回は暑い時があったり 寒い時があったりで 

【2017/09/9】インビザライン
こんにちは すっかり秋の気候ですね(^^) 当院では月に2回矯正の先生に来て頂い

Allon4

Menu

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. ホワイトニング
  4. 矯正歯科
  5. インプラント矯正
  6. 予防歯科
  7. 総合歯科

スタッフ紹介

書籍のご案内

書籍のご案内

岩城正明 著
◆オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ
Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
Vol.2 術後管理編
Vol.3 口腔機能回復編

ネクストデンタルグループ会員医院

関連サイト

赤坂スターデンタルクリニック