いわき歯科医院は最新の再生医療に力を入れています

トップグラフトマテリアライザー

TOP GRAFT とは

トップグラフトマテリアライザー

Tooth Osteo Plantの頭文字を取った造語で抜去した歯牙をTop Graft Materializerにて洗浄、滅菌、脱灰することにより、骨補填材として骨移植に利用する非常に安全な自家歯牙骨材のことを言います。
また、0.6規定の塩酸により成長因子を含む有機質を残しながら脱灰することが可能であり、生体適合性が高く、感染に強い骨移植材料としてインプラント治療における骨造成やその他の様々な場面で骨再生の目的で用いることが可能です。

特徴

● 非常に高い生体適合性、親和性
● 患者様自身から抜去した歯牙を使用することによる非常に少ない感染リスク
● BMPなどの成長因子を含む有機質を残しながら脱灰することにより、非常に旺盛な骨形成
● 脱灰した後の自家歯牙を適度な大きさに切るか粉砕することにより、骨補填材料、メンブレン、骨ブロックとして使用することができます

ご使用の流れ

ご使用の流れ

自己血液から生成するCGF再生療法

CGF再生療法とは

CGFとは「Concentrated Growth Factors(濃縮成長因子)」の頭文字を取ったもので、患者様の血液を遠心分離器にかけて生成した、「フィブリン」と呼ばれるゲル状の物質です。このフィブリンは血液を凝固させる働きがあり、傷を治したり体組織を再生するのに有効で、このフィブリンを使った再生医療技術を「CGF再生療法」と呼びます。
また、患者様ご自身の血液を使うため、アレルギーなどの心配もなく、極めて安全な再生療法です。

遠心分離器 メディフュージ

「メディフュージ」で遠心分離を行うことにより、血液中の血小板や赤血球が分離されます。それと同時に、血液中の凝固因子が自然に刺激されてフィブリンゲルが形成されます。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含むうえ、添加物を一切用いないため、完全自己血液由来のゲル素材といえます。

遠心分離器 メディフュージ

メールのお問い合わせ

求人募集

ブログ

最新記事

【2016/09/21】先週は、名古屋で開催された、日本口腔インプラント学会に当院の衛生士3名と参加してきました。
三重県出身で名古屋はなじみがあるのですが、上京して30数年、通過するばかりで、下

【2014/12/5】師走ですね。
もう12月ですね。年々 月日の経つのが早まります。私も53歳となっております。

【2013/09/30】JAIDの学術大会が開催されました。
2013年9月29日 東京国際フォーラムにおきまして、私が会長を務めさせていただ

ブログ

最新記事

【2017/08/16】通常診療
こんにちは。 当院も夏休みが終わり今日から診療しています。 分散型の夏休みが多い

【2017/08/1】夏期休暇のお知らせ
こんにちは(^^)助手の蛭間です。 毎日暑い日が続いてますが、みなさん体調などく

【2017/07/22】待合室のアロマ
こんにちは 待合室のアロマディフューザーが新しくなりました! 院長が色々と探して

Allon4

Menu

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. ホワイトニング
  4. 矯正歯科
  5. インプラント矯正
  6. 予防歯科
  7. 総合歯科

スタッフ紹介

書籍のご案内

書籍のご案内

岩城正明 著
◆オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ
Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
Vol.2 術後管理編
Vol.3 口腔機能回復編

ネクストデンタルグループ会員医院

関連サイト

赤坂スターデンタルクリニック