診療案内

インプラント矯正・見えない矯正

インプラント・矯正・審美歯科のご相談は随時受け付けております。

インプラント矯正(ミニ・インプラントを利用した矯正)

インプラント矯正とは、チタン製のスクリューを歯の周囲の骨に設置し、これを固定源に歯を動かす方法です。
従来の方法では考えられないような、歯のコントロールと期間の飛躍的な減少が可能になった新しい方法です。

	見えない矯正(クリアアライナ-)

従来の矯正治療は、 針金をお口の中に数年間入れるものという概念がありましたが、最新の針金を使わず、透明なマウスピース(クリアアライナー)を患者さん自身が付けはずしして、矯正をする方法が開発され効果を上げています。

すでに米国では、この マウスピース(クリアアライナー)矯正治療が一般的に広く行われています マウスピース(クリアアライナー)矯正治療は、 まず患者さんの歯型を採り、コンピューター解析下で歯型の上で歯を動かして、それをもとに透明なマウスピース(クリアアライナー)を作ります。そして患者さんは、出来るだけ長い間その透明なマウスピース(クリアアライナー)をお口の中に入れて 噛むことで、歯型に沿って歯が動いていくというものです。

最初から、歯型の上で理想的な歯並びのマウスピースを作っても、実際のお口には、うまくはまりませんので、1~2mm単位で歯型の歯を動かし、3~4週間に 1度マウスピースを交換していきます。

最終的に矯正が終わるのは、通常の針金の矯正装置を使った場合より多少長くなりますが、その間針金がお口の中に入ることは、殆どありませんので、針金による不快感や見た目の悪さなども回避できます。

従来の矯正と異なる点

★装置が見えない

マウスピース(クリアアライナー)矯正治療は、 透明なマウスピースを使っていますので、日常生活で入れていても、少し離れたところから見ると、何も入れていないように見えます。

★治療手順がシンプル

マウスピース(クリアアライナー)矯正治療は、来院時に新しいマウスピースをお渡しするだけですので、時間の掛かるお口の中の針金などの調整がありません。

★患者さん自身が装置を着脱出来る。

マウスピース(クリアアライナー)矯正治療は、 マウスピースを出し入れする方法ですので、大切な行事などの時や食事の時などは、患者さん自身でマウスピースを外すことが出来ます。

★治療が快適

マウスピース(クリアアライナー)矯正治療は 、針金が歯の裏側に付く、舌側矯正と違い、針金がありませんので、装着していても舌や頬の違和感がありません。また食事の時には外しますので、食べ物が装置に付くことも無く、快適です。

★注意

歯並びによって、針金が無い(クリアアライナー)矯正治療が適応症でない場合や、矯正治療の前後に、歯の動きを速めたり仕上げの目的で、短期間通常の針金が入る場合もあります。

メールのお問い合わせ

求人募集

ブログ

最新記事

【2016/09/21】先週は、名古屋で開催された、日本口腔インプラント学会に当院の衛生士3名と参加してきました。
三重県出身で名古屋はなじみがあるのですが、上京して30数年、通過するばかりで、下

【2014/12/5】師走ですね。
もう12月ですね。年々 月日の経つのが早まります。私も53歳となっております。

【2013/09/30】JAIDの学術大会が開催されました。
2013年9月29日 東京国際フォーラムにおきまして、私が会長を務めさせていただ

ブログ

最新記事

【2017/02/7】あの季節が・・・
こんにちは、受付高野です。 近頃、風が強くまた、寒くなりましたね。。 同時に花粉

【2017/02/4】初めまして^^
新人の貫井ともうします。{新人と言っても 人生経験は長いんですが・・・><} ス

【2017/01/27】寒いですね
インフルエンザになる方が多いですが、皆様 お元気でしょうか?   内田

Allon4

Menu

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. ホワイトニング
  4. 矯正歯科
  5. インプラント矯正
  6. 予防歯科
  7. 総合歯科

スタッフ紹介

書籍のご案内

書籍のご案内

岩城正明 著
◆オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ
Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
Vol.2 術後管理編
Vol.3 口腔機能回復編

椎名桔平のHP

ネクストデンタルグループ会員医院

関連サイト

いわき歯科医院所沢インプラントセンター

赤坂スターデンタルクリニック