痛みに配慮した治療

痛みに配慮した治療

治療中の患者さまの負担を軽くするために

歯医者が苦手な方の多くは、過去に歯医者で痛い思いをされたことがあるのかもしれません。
一度そのような思いをしてしまうと、歯医者のことを考えただけで気分が悪くなってしまう人もいます。
当院では、治療する時に少しでも患者様にリラックスしていただけるよう、治療中に痛みを感じさせないような、さまざまな工夫を取り入れています。

こんな方はいらっしゃいませんか?

  • 歯医者がとにかく苦手で仕方がない
  • 歯医者のことを考えただけでお腹が痛くなる
  • 治療中緊張のあまり汗びっしょりになってしまう
  • 麻酔の注射からして怖い
  • 歯医者に行くのが嫌で悪いところを放置している
  • 過去に歯医者で痛くて辛い思いをした
  • 歯医者では痛みを我慢しなければならないと思っている
  • 治療中に痛くてもなかなか言い出せない
このようなお悩みをお持ちの方でも、当院なら痛みを起こさないような最大限の配慮をしながら治療を行なっておりますので、ぜひお任せください。

痛みへの配慮

1. 麻酔の注射をなるべく感じないようにします

歯医者の注射麻酔が苦手な方も多いと思います。注射の麻酔を痛いと感じるのはなぜか?それには3つの理由があります。
  1. 1.注射針が歯肉へ刺入するときの最初の『チクッ』という感覚
  2. 2.麻酔の薬液が歯肉に入ってくるときの圧力によるもの
  3. 3.麻酔液と体温との温度差
当院では、この3つの原因を解決することで、麻酔の注射による不快感を感じさせないようにしています。

麻酔注射を痛くなくする工夫

1.表面麻酔
歯茎の表面に表面麻酔を塗布し、十分に効かせてから麻酔の注射を行うことで、針の刺さる感覚を感じにくくします。
2.極細の注射針の使用
注射針は細い方が痛みを感じにくくなります。当院では極細の針を使用しています。
3.痛点を避ける
粘膜の表面には痛点というものがあり、それが多い場所、少ない場所があります。麻酔を打つ際には、できるだけ痛点の少ない場所を選んで行います。
4.麻酔液の温度、圧の調整
麻酔液の温度、圧の調整
麻酔液が体内に入る際、温度差や圧で痛みが起こることのないよう、麻酔液の温度管理、注入圧にも注意を払います。

2. 治療中は患者さまの反応を常に確認

治療中に患者さまが痛みや辛い思いを感じていないか、表情や反応などを確認しながら進めていきます。もしお辛いようであれば、麻酔の追加、炎症を抑えながら治療を進めるなどしていきます。

3. 静脈内鎮静法の活用

静脈内鎮静法の活用
インプラント治療や外科手術においては、通常の歯科の局所麻酔だけでも痛みを感じず、問題なく行えることがほとんどですが、心理的な恐怖心により痛みを敏感に感じやすくなることがあるため、静脈内鎮静法という点滴麻酔を併用することも可能です。
静脈内鎮静法を行うことにより、不安や恐怖を感じることなく、ウトウトと気持ち良い状態で治療を受けていただくことができます。

4. レーザー治療

レーザー治療
レーザーによる歯科治療は、従来までの治療よりも、患者さまのストレスや痛みを大幅に軽減できる先進的な治療方法です。また、基本的には麻酔を必要としないので、麻酔が苦手な方も安心です。

レーザー治療のメリット

  • 不快なモーター音や削り音、振動がありません。
  • 治療中の痛みも少なく、リラックスして治療を受けていただけます。
  • 基本的には麻酔を必要としません。麻酔が苦手な方にも優しい治療法です。
  • ピンポイントで虫歯部分を削り取るので、歯の健康な部分を多く残すことができます。
  • レーザー治療は、歯茎の炎症の対処や歯周病治療にも大変効果的です。
  • 治療後の痛みや腫れを最小限に抑えられます。
  • 治療後の治癒を早めることができます。

5. 3MIX法

深い虫歯に対しては、歯の神経を抜くのが一般的ですが、神経を残して痛みを止める3Mixという治療方法があります。具体的には、3種類の薬剤を混合したものを虫歯の部分に詰め、虫歯菌を殺菌して歯の痛みを鎮め、歯の神経を生かすことができます。