レントゲンの放射線被爆量

こんにちは、ドクターの稲葉です。

今日は歯科で普段から使われている

レントゲン撮影時における放射線被爆についてお話したいと思います。

人が年間、自然界で浴びている放射線量は

およそ2mSv(ミリシーベルト)です。

そして、歯科で使われているパノラマレントゲン写真の一回の被爆量は

およそ10μSv(マイクロシーベルト)。

これはつまり0.01mSvです。

個々の歯を撮影するためのデンタルレントゲン写真の一回の被爆量に至っては、

0.001~0.002mSvです。

病気の診断や治療に利用される放射線の被爆量は

年間1mSvとされています。

なので、歯医者でレントゲン写真を撮影する事は、

自然界で浴びる放射線被爆量と比較して

微々たるものなので、

特に心配はいりません。

歯医者さんがおすすめする歯科医院に当院のドクターが推薦されました

求人募集

ブログ

最新記事

【2018/10/12】ICOI国際インプラント学会世界大会に参加しました。2018年9月28-30日に米国ラスベガスで開催されたICOI:国際インプラント

【2016/09/21】先週は、名古屋で開催された、日本口腔インプラント学会に当院の衛生士3名と参加してきました。三重県出身で名古屋はなじみがあるのですが、上京して30数年、通過するばかりで、下

【2014/12/5】師走ですね。もう12月ですね。年々 月日の経つのが早まります。私も53歳となっております。

ブログ

最新記事

【2019/09/10】☆スタッフ☆こんにちは(^*^) 助手の蛭間です。 まだまだ、暑い日が続いてますが体調などく

【2019/08/10】夏期休暇のお知らせ8月11日(日)~8月15日まで 夏期休暇とさせて頂きます。 8月16日(金)9

【2019/06/28】梅雨入り・・・おはようございます。 梅雨に入り今朝もジメジメしてますね。 で、前回衛生士の菅谷

Allon4

Menu

  1. インプラント
  2. 審美歯科
  3. ホワイトニング
  4. 矯正歯科
  5. インプラント矯正
  6. 予防歯科
  7. 総合歯科

スタッフ紹介

書籍のご案内

書籍のご案内

岩城正明 著
◆オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ
Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
Vol.2 術後管理編
Vol.3 口腔機能回復編

ネクストデンタルグループ会員医院

関連サイト

赤坂ヴィーナスデンタルクリニック

^